バルガス・リョサのこと。またはグラマー美人対スレンダー美人(笑)

ツイッターでも散々書いていますが、私は躁うつ病という持病があり、そう状態でもうつ状態でも幸せな状態とは到底言えません。これは主治医も言っておられることですが、そうでもうつでもないニュートラルな状態の時が自他ともにいちばん幸せなのです。今年8月13日から先月16日までそう状態が悪化して入院ということに相成りました。そう状態には二種類あり、ハッピーな心境になって仕方がない状態と、むやみやたらに怒りっぽくなったり喧嘩っ早くなったりする状態があります。私は後者のそうが悪化して8月に入院ということになったわけです。怒りっぽいのや喧嘩っ早いのは主治医が的確な診察と投薬と病棟の静かな環境で(賑やかな患者さんもいましたけどね、やたら)取り除いてくださったのですが、退院後はうつ状態。考え方は悲観的になる。読書も音楽鑑賞も手につかない。時間を持て余す。そんな感じでした。本を読もうにも膨大な量の蔵書の中からテメエが読む本を選ぶことさえできないのです。決断力も極度に低下するのですね。中村真一郎先生が何処かでうつ状態になると小説を書いているときに文章を「~である」で終わらすか「~だ」で終わらすか、それさえも決断できなくて原稿用紙の前で何時間も悶々と苦しむことがあると書いておられたことがあるのですが、あの中村先生の苦しさ、分るような気がするのですわ。自殺したくもなってきますよ。主治医と「それだけは絶対しない」と約束してますからしませんけど。閑話休題。退院からかなりたってしまいましたが、ようやくニュートラルな状態に戻りつつあるのかもしれません。昨日からやっと本が読めるようになってきています。ペルーのノーベル賞作家バルガス・リョサ作岩波文庫「密林の語り部」です。335ページある長編のまだ50ページ程度しか読んでいないのですが、敢えて蛮勇を振るって読中感想文を書いてみようと思います。舞台は、作者リョサの故国ペルーです。故国の密林の奥深くに住む少数民族の研究をする学者を志す青年が主人公のようですね。彼はフランツ・カフカに心酔するユダヤ人で髪は赤毛、そして顔の半分にはこういっちゃ何ですが、物凄く強烈な印象を見るものに与える痣があるのだそうです。カフカと言うたら畏友満照素運さんがカフカ命の人でしたな。この主人公サウル・スラータス君(彼には「小さな仮面」を意味するマスカリータと言うあだ名もあります)は、飼っているオウムに「グレゴール・ザムザ」と言うあだ名をつけるほどのカフカ命の人です。満照素運さんと似てるな(笑)。この小説、ぶっちゃけ非常に豊穣な感じがします。女性に例えるとがっちりとした大柄なグラマー美人(大爆)。19世紀の欧州の大作家の作品、例えばディケンズやらバルザックやらの作品を思わせる豊饒さがあるのですよ。作者が物語を語るのが楽しくて楽しくて仕方がなくて書いてるって感じがするのですね。20世紀欧州の大作家の作品、例えばカフカやらムージルやらジョイスやらの作品からは失われてしまった豊饒さがあると思うのですね。今、私が名前を挙げた20世紀欧州の大作家の作品は、芸術品としては非常に優れています。巧緻の極みと言っていい。でも小説としては少しやせた感じ、もっと言えばやせすぎた感じがするのですね。「貴方、もう少しご飯沢山食べた方がいいじゃないの」と説教したくなるほどのスレンダー美人。19世紀後半になるとフランスで写実主義・自然主義が台頭してきますよね。フローベール・モーパッサン・ゾラと言った人たちです。あの人たちが20世紀のスレンダー美人型小説の原型をいい意味でも悪い意味でもつくったような気がするのですね。あの人たちの小説は本当に巧緻で精緻にできてるけど、小説としては少しやせた感じがしますものね。ああ、こんなこと書くとモーパッサン命の満照素運さんにまた説教される(笑)。でもリョサは20世紀後半になって活動を始めたスペイン語圏の大作家ですが、この人の作品、やせた感じが全然しない。非常に豊穣な感じがするんです。バルザックやディケンズを思わせるグラマー美人小説ですよ。スレンダー美人小説、私は決して嫌いじゃないです。ゾラなんか「ルーゴン・マッカール叢書」全20作中13作読んでますよ。初期の秀作「テレーズ・ラカン」だって岩波文庫で読んでるゾラヲタですよ。でも20世紀に、それも後半に海外純文学でこれほど魅力的なグラマー美人美人小説を書く人がいたとは驚きです。これなら病み上がりの今の私でも楽しんで読了できるかもしれません。え?リアルの世界でお前はグラマー美人とスレンダー美人のどっちが好きかって?黙秘権を行使させてください(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック