また真央ちゃん大政翼賛会を観なきゃならんのか…

私は、自分がブログには不向きな人間のような気がして、長い間ブログ更新から遠ざかっていました。この気持ちは今でも消えておりません。起承転結のある文章を書くのが苦手ですし、論理的な文章を書くのが苦手です。トラックバックなんて何のことやらいまだに分らない上にブログ上に画像を挿入することがいまだにできないほどのメカ音痴です。尊敬してやまないさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原点回帰または自伝的文章の試み その1

辻邦生先生の「背教者ユリアヌス」を20年ぶりに読んでおります。新潮社の辻邦生全集版で読んでいます。一回めに読んだのは大学2年の時。でもほとんど忘れてしまったますね。細かいところは。話題が変わりますが(そうでもないのかな?)、私は、物心ついたころから読書好きでした。学研の学習と科学なんて雑誌は、小学校1年の時からもう隅から隅まで読み狂って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルガス・リョサのこと。またはグラマー美人対スレンダー美人(笑)

ツイッターでも散々書いていますが、私は躁うつ病という持病があり、そう状態でもうつ状態でも幸せな状態とは到底言えません。これは主治医も言っておられることですが、そうでもうつでもないニュートラルな状態の時が自他ともにいちばん幸せなのです。今年8月13日から先月16日までそう状態が悪化して入院ということに相成りました。そう状態には二種類あり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下心あって作るはユニコーン オレはリア充? それとも馬鹿か? (馬鹿だなやはり)

浅田剛正先生の面接を約2か月ぶりに受ける日が明日になりました。7月下旬にお会いしてからずっとご無沙汰ですから2か月ぶりになります。お話ししたいことは山ほどあります。まず入院中に知り合ったあの女の子のこと、話さねばなりますまい。閑話休題。先週22日から病院の作業療法(OT)に出ております。時間は午前9時15分から11時15分までの2時間。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト初期交響曲のつまらなさは異常(あくまで個人的見解)

私はモーツァルトの交響曲全集を6セットも持っています。カール・ベーム、ネヴィル・マリナー、チャールズ・マッケラス、クリストファー・ホグウッド、トレヴァー・ピノック、ヤープ・テル・リンデンの全集です。情けない告白ですが、私はどの全集も全部聴いておりません。だってモーツァルトの交響曲って初期の、とりわけケッヘル番号フタケタあたりのガキだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後、また廃人に逆戻り、おまけにネット依存症、生きてる価値はあるのかオレに?

8月13日主治医の判断で入院(確か保護入院だか措置入院だったかと思います)ということに相成りました。今月16日に何とか退院できました。ツイートでも散々書いた通りです。去年11月にも3週間ほど入院させられました。それがアホ馬鹿間抜け臨床心理士眞○百○子のせいであることも拙ブログで散々書きました。それにしてもこの女一人のせいでいつまでも祟ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余はリア充に非ず、そして「げんしけん」のこと

私は古い友人に「リア充!!」と怒鳴られたことがありますが、それは絶対にないです。断言してもよろしい。もし私がリア充だったら、問題の心理の先生を口説き落としてベッドに連れ込むぐらいのことはしておりますわ。銀河英雄伝説のポプラン中佐やシェーンコップ中将みたいにね。それができるだけの度胸も甲斐性もないへタレだから苦しい思いをしておるわけです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い間更新をサボりました。EMDRを今日受けてきました。

私は、mariatiaraymondという名前でツイッターもやっております。そちらも読んでいただければ幸いです。最近自分は、ブログには不向きな人間なのではないかと思い、更新をサボっておりました。EMDR(眼球運動による脱感作と再処理)という精神療法があります。興味がおありの方はググってみてください。面白いですよ。「へー、ドクターの右手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林よしのり、この度し難い人物

新年明けましておめでとうございます。もっとも私には新年やクリスマスを祝うという発想がからきしありません。日本人てクリスマスや年末年始や何かになると無宗教な人でもワーワー騒ぐんですよね。マスコミやこの手の行事で荒稼ぎしてやろうという企業に踊らされてるんだか何だかしりませんけど。さて話題は記事のタイトルに選んだこの人物です。私はこの人嫌いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島梓さんが売国奴?なら村山由佳さんは?

なら村山由佳さんはどうなるのですか?右翼もしくは保守系サイトで中島梓さん(栗本薫さん)を「北朝鮮に媚びる発言をした売国奴」と罵倒しているサイトがよくあるのですが、どうして彼らは村山由佳さんを糾弾しないのでしょうか。中島さんの北朝鮮よりの発言とやらはネットで検索すればいくらでも出てくるでしょうから私がここでいちいちあげる必要はないでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最良のマーラー指揮者は?

この問いにはバンスタと答える人が非常に多いと思います。実際、彼のマーラー演奏はクナやベームのワーグナー、リヒターのバッハ、ムラヴィン閣下のショスタコーヴィチに匹敵する至芸でありました。彼は60年代にニューヨークフィルとロンドン交響楽団を指揮した最初のマーラー全集をつくり、70年代にウィーンフィルほかを指揮した映像版全集をつくり、晩年の8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱすげえな中村先生2

何に感銘を受けるか、何に感動するかは人によって違うと思います。大学で私は英文学を専攻しましたが、英文科というところは英文学を専門にしている先生もいれば英語学を専門にしている先生もおられます。私は英文学は好きだったのですが、英語学講義とか英語学演習とか言った語学系の教科が非常に苦手で成績は常に低空飛行もいいとこ、担当教授のお情けで卒業させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりすげえな中村先生

中村真一郎先生は私が理想とする人物の一人です。辻邦生先生をして「中村先生ほど沢山本を読んでいる人はいません」と断言せしめるほどの大読書人にして大文芸評論家。20代でプルーストと源氏物語を戦時中の疎開先の軽井沢で原文で読んでいた人。しかも音楽・美術・哲学・歴史など中村先生が造詣が深いないジャンルというのはまずないのではないでしょうか。例の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニコーンやっぱ面白いじゃん。

長らくご無沙汰いたしました。復帰第一弾として、入院中のことと、今後私がどう生きていくかという未来への展望とガンダムユニコーン第6話を観た感想などを綴ろうと思います。持病の躁うつ病(双極性障害)が悪化して一昨日まで入院しておりました。今月6日からですから、約3週間入院していたことになります。ツイッターでも書きましたが、この病院にはOT(作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット上で知り合った素晴らしい方々のこと

栗本薫(別名中島梓)という女流作家が書いていた「グイン・サーガ」という凄まじく長くてしかも面白いファンタジー小説があります。アニメにも近年なりました。栗本さんが若くして癌で亡くなられたため、未完に終わってしましたが、それでも130巻、外伝も入れると160巻を超えるのではないこと思われるほどの大長編です。量的には山岡壮八の「徳川家康」をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虐日日本字は嫌いですが、似非愛国者も嫌いです。

日本人のくせに、日本及び日本人を史上最低の国、史上最低の民族のように言うヘンな人たちがいます。思想的に左巻きの方にそういう方が多いようです。日清日露でさえ彼らにとっては侵略戦争になります。アジアの皆様に迷惑をおかけしただけの無益な戦争だったということになります。国民作家司馬遼太郎は、日清日露は侵略戦争ではなくやむおえない防衛戦争だったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リア充は爆発しろはねえだろう。いくらなんでも。

08年に失恋したと私は弊ブログで何度も書いてきました。私をフッタというよりスルーされたのは高校時代の恩師です。何度も幣ブログにも出てきた、読書の楽しさを教えてくれたあの国語の先生。私は94年にこの方といったんお別れしました。08年にこの方に手紙を書きました。恋文のつもりなんか毛頭ありませんでした。ほんの軽い近況報告ぐらいのつもりだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学や史学は哲学より格が落ちる学問か?んなわけねーだろう。

来年平成26年の大河ドラマの主人公・大軍師黒田官兵衛を主人公にした司馬遼太郎さんの名作「播磨灘物語」を読んでおります。講談社文庫で全4巻です。大学時代、あのキチガイどもと腐れ縁を持っていた1996年に買った古い本です。1巻と2巻は大学時代に読んだのですが、3巻と4巻が長い間未読でした。私、時々こういう事があるのですよ。面白い作品だから短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらすじで読む世界の名著は、毒にも薬にもなりうる

7月15日に私は、「世にはびこるいじめと世にもヘンな奴らについて2」という駄文を書きました。大学時代に私を散々嫌な目に合わせてくれた基地外は実は4人おりまして、私は彼らを「キチガイ四天王」と勝手に読んでおりますが、今日は既知該2号について書こうと思います。「あらすじで読む世界の名著」とか「あらすじで読む日本の名著」とかいった本が何冊もき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more