アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
コルネリア
ブログ紹介
双極性障害を21年患っている♂が、日々感じたことなどを書き綴っていきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ウルトラヤブ心理士・眞田百合子への手紙
眞田百合子センセーお元気ですか?今何をしておられますか?今でも間違った治療で患者さんを無意味に苦しめておられますか?私は貴殿に患者さんの治療をさせておくのは白い巨塔の財前教授や銀河英雄伝説のオフレッサー上級大将を放し飼いにしておくのよりも危険なことだとおもっておりますがね。何度でも言わせてもらうが、私は田宮病院の閉鎖第3病棟に三回入院しております。10年の2月、13年の11月、14年の8・9月と三回ね。二回もの入院の原因をつくったのは真田センセー、貴方ですよ。14年の三回目の入院の時、私の担当心... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/30 00:59
ヤブ心理士よ、私を訴えたければ訴えろ、訴えたいのはこっちなんだからな。
前略 N先生 お久しぶりです、と言うべきでしょうか?私自身にも良く分からないです。Y先生が外来をお辞めになることは、ご存知かと思います。私でも知っているのですからね(笑)。私は、転院を考えています。以前EMDRの治療を何度か受けたことがある、T先生がおられるH園への転院です。全幅の信頼を置いてきたY先生の治療が受けれないT病院なんてのは、私にとってはクソかチンカスでしかないからです。これは、少し逆上して酷いことを言い過ぎたかな。20年お世話になったTからほかの病院に移るのはある意味断... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/22 09:26
また真央ちゃん大政翼賛会を観なきゃならんのか…
私は、自分がブログには不向きな人間のような気がして、長い間ブログ更新から遠ざかっていました。この気持ちは今でも消えておりません。起承転結のある文章を書くのが苦手ですし、論理的な文章を書くのが苦手です。トラックバックなんて何のことやらいまだに分らない上にブログ上に画像を挿入することがいまだにできないほどのメカ音痴です。尊敬してやまないさまよえるクラヲタことyokochanさんやShushiさんのブログと比べたら私のブログなんて爆弾が落ちたスラム街以下だものなあ。これ謙遜じゃありませんよ。本心です。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 23:07
原点回帰または自伝的文章の試み その1
辻邦生先生の「背教者ユリアヌス」を20年ぶりに読んでおります。新潮社の辻邦生全集版で読んでいます。一回めに読んだのは大学2年の時。でもほとんど忘れてしまったますね。細かいところは。話題が変わりますが(そうでもないのかな?)、私は、物心ついたころから読書好きでした。学研の学習と科学なんて雑誌は、小学校1年の時からもう隅から隅まで読み狂ってました。小学校1年の時に友人の家に遊びに行く、そうすると、その友人の家にある本の内容が気になって仕方がない。で、友人と遊ぶのそっちのけで本を読み耽ってしまう。友人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/09 16:50
バルガス・リョサのこと。またはグラマー美人対スレンダー美人(笑)
ツイッターでも散々書いていますが、私は躁うつ病という持病があり、そう状態でもうつ状態でも幸せな状態とは到底言えません。これは主治医も言っておられることですが、そうでもうつでもないニュートラルな状態の時が自他ともにいちばん幸せなのです。今年8月13日から先月16日までそう状態が悪化して入院ということに相成りました。そう状態には二種類あり、ハッピーな心境になって仕方がない状態と、むやみやたらに怒りっぽくなったり喧嘩っ早くなったりする状態があります。私は後者のそうが悪化して8月に入院ということになった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 15:32
下心あって作るはユニコーン オレはリア充? それとも馬鹿か? (馬鹿だなやはり)
浅田剛正先生の面接を約2か月ぶりに受ける日が明日になりました。7月下旬にお会いしてからずっとご無沙汰ですから2か月ぶりになります。お話ししたいことは山ほどあります。まず入院中に知り合ったあの女の子のこと、話さねばなりますまい。閑話休題。先週22日から病院の作業療法(OT)に出ております。時間は午前9時15分から11時15分までの2時間。出る理由もしくは目的は二つあります。入院中からすっかり落ちてしまった好きな読書や音楽鑑賞にかける集中力を取り戻すこと。もう一つは下心ですな(笑)。あの入院中に知り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/28 09:38
モーツァルト初期交響曲のつまらなさは異常(あくまで個人的見解)
私はモーツァルトの交響曲全集を6セットも持っています。カール・ベーム、ネヴィル・マリナー、チャールズ・マッケラス、クリストファー・ホグウッド、トレヴァー・ピノック、ヤープ・テル・リンデンの全集です。情けない告白ですが、私はどの全集も全部聴いておりません。だってモーツァルトの交響曲って初期の、とりわけケッヘル番号フタケタあたりのガキだったころの曲がつまらなすぎるんだもの〜!!確かにねー5歳で初めて作曲やって8歳で交響曲つくって12歳でオペラつくったというのはすごいと思うんですよ。でもね、モーツァル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 17:00
退院後、また廃人に逆戻り、おまけにネット依存症、生きてる価値はあるのかオレに?
8月13日主治医の判断で入院(確か保護入院だか措置入院だったかと思います)ということに相成りました。今月16日に何とか退院できました。ツイートでも散々書いた通りです。去年11月にも3週間ほど入院させられました。それがアホ馬鹿間抜け臨床心理士眞○百○子のせいであることも拙ブログで散々書きました。それにしてもこの女一人のせいでいつまでも祟られますなあ。こやつは本当に疫病神もいいところです。去年11月に退院した後は、今年4月ごとに新潟青陵大大学院の浅田剛正先生との面接が軌道に乗るまで地獄の苦しみを味わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/20 17:38
可愛い娘と意気投合しちまったんですけど、これってラッキーなことなの?
昨日(16日)退院しました。きつい入院生活でしたね。先月13日に主治医に「入院が必要です」と言われ、渋々・不承不承・嫌々ながら入院。私の病気・双極性障害(躁うつ病)は百人に一人の病気なのだそうです。あーあ、なんて病気になっちまったんでしょうね。好きで病気になる奴なんていないでしょうけど。閑話休題。私が退院した日から8日前に私が入院していた第3病棟、ヘンな患者さんがやたら多い病棟に可愛い女の子が入院してきたんですな。私が退院する確か3日前あたりから病棟のホールで一緒に食事をとるようになっていたと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/17 22:17
余はリア充に非ず、そして「げんしけん」のこと
私は古い友人に「リア充!!」と怒鳴られたことがありますが、それは絶対にないです。断言してもよろしい。もし私がリア充だったら、問題の心理の先生を口説き落としてベッドに連れ込むぐらいのことはしておりますわ。銀河英雄伝説のポプラン中佐やシェーンコップ中将みたいにね。それができるだけの度胸も甲斐性もないへタレだから苦しい思いをしておるわけです。現在私は入院中で、今一時帰宅しておりますが、私の担当作業療法士のKさんが面白いことを私に言いました。Kさんは私が問題の心理の先生にホの字であることはよーく知ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/13 17:14
患者を病院送りにして恥じることのない無能・愚劣・無責任・トンデモ臨床心理士○田○百○その3
無能・無責任・愚劣心理士真○合○子叩き第3弾であります。まだまだ筆誅は続くから覚悟しろ。私は、2010年2月と2013年の11月と2回キチガイ病棟に入院させられました。一回目の入院の最中に主治医から十年病院の心理面接室で会っていた心理の先生(女性)との面接の中断・終了を告げられました。内臓の一部をもぎ取られるほどの衝撃だったことは前にも書きました。それもこの先生を「オレは心理士や人間として尊敬しているだけではない。女性としてマジで好きなんだな。」とハッキリ気が付いた直後に面接終了を告げられたので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/09 09:02
患者を病院送りにして恥じることのない無能・愚劣・無責任臨床心理士○田○合○ その2
前記事の続きです。とにかくこういう人に臨床心理士の資格を出す、日本臨床心理士会というところは何を考えておるのだと思いますね。この人の心理面接を受けていた約1年の間、私の身の上にいいことなんぞ一つもありませんでした。悪いことなら両手の指で勘定できないぐらいたくさんありましたがね。思いつくままに列挙しても、まずキチガイ病棟に私が入院させられるきっかけをつくったのはまず間違いなくこの人です。前記事でも書きましたが、エビリファイなんて強い薬を24ミリグラムも一日に服用させられてろれつが回らなくて他者とコ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/04 11:06
患者を病院送りにして恥じることのない無能・愚劣・無責任・トンデモ臨床心理士○田○合○
お久しぶりです。私は1994年から双極性障害を患っています。躁うつ病ですね。主治医は今の先生が5人目です。心理士は今の先生がやはり5人目かな。今の心理士は、〜有名な先生だから実名出してもいいと思うのですが〜新潟青陵大の浅田剛正先生です。私が、死ぬほど大嫌い、それどころか憎たらしい、殺してもまだ飽き足りない、八つ裂きにして肉を喰らってやりたいぐらいだと思っているのは、4人目の心理士です。この御仁には去年の4月から今年の確か2月まで新潟市の某カウンセリングルームで会っていました。この心理士〜女ですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 23:03
長い間更新をサボりました。EMDRを今日受けてきました。
私は、mariatiaraymondという名前でツイッターもやっております。そちらも読んでいただければ幸いです。最近自分は、ブログには不向きな人間なのではないかと思い、更新をサボっておりました。EMDR(眼球運動による脱感作と再処理)という精神療法があります。興味がおありの方はググってみてください。面白いですよ。「へー、ドクターの右手の動きに合わせて、患者さんが眼球を左右に動かすだけで心の傷が癒えることがあるのか」と驚かれるかもしれません。そういう精神療法があるということです。私は2008年12... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/13 22:40
小林よしのり、この度し難い人物
新年明けましておめでとうございます。もっとも私には新年やクリスマスを祝うという発想がからきしありません。日本人てクリスマスや年末年始や何かになると無宗教な人でもワーワー騒ぐんですよね。マスコミやこの手の行事で荒稼ぎしてやろうという企業に踊らされてるんだか何だかしりませんけど。さて話題は記事のタイトルに選んだこの人物です。私はこの人嫌いですね。90年代に初期ゴーマニズム宣言をSPA!という雑誌に連載していたころは夢中になって単行本出ると真っ先に夢中になって読んだものですし。雑誌掲載時に読むことさえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 09:23
中島梓さんが売国奴?なら村山由佳さんは?
なら村山由佳さんはどうなるのですか?右翼もしくは保守系サイトで中島梓さん(栗本薫さん)を「北朝鮮に媚びる発言をした売国奴」と罵倒しているサイトがよくあるのですが、どうして彼らは村山由佳さんを糾弾しないのでしょうか。中島さんの北朝鮮よりの発言とやらはネットで検索すればいくらでも出てくるでしょうから私がここでいちいちあげる必要はないでしょう。コメントもしません。興味のある人はどうぞ検索してください。しかし中島さんを売国奴と糾弾しておいて、村山由佳さんには何も言わないのはダブルスタンダードだと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/22 18:47
最良のマーラー指揮者は?
この問いにはバンスタと答える人が非常に多いと思います。実際、彼のマーラー演奏はクナやベームのワーグナー、リヒターのバッハ、ムラヴィン閣下のショスタコーヴィチに匹敵する至芸でありました。彼は60年代にニューヨークフィルとロンドン交響楽団を指揮した最初のマーラー全集をつくり、70年代にウィーンフィルほかを指揮した映像版全集をつくり、晩年の80年代にウィーン、ニューヨーク、アムステルダムのオケを指揮して3度目のマーラー全集をつくりました。最初のマーラー全集で私が聴いているのは巨人だけです。映像版と3度... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/21 11:57
やっぱすげえな中村先生2
何に感銘を受けるか、何に感動するかは人によって違うと思います。大学で私は英文学を専攻しましたが、英文科というところは英文学を専門にしている先生もいれば英語学を専門にしている先生もおられます。私は英文学は好きだったのですが、英語学講義とか英語学演習とか言った語学系の教科が非常に苦手で成績は常に低空飛行もいいとこ、担当教授のお情けで卒業させてもらった科目も少なからずあります。大学時代に私が英語学概論と英語学演習を取っていた英語学、特にチョムスキーが誰かの研究をしていた先生がおられたのですが、この先生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/20 06:44
やっぱりすげえな中村先生
中村真一郎先生は私が理想とする人物の一人です。辻邦生先生をして「中村先生ほど沢山本を読んでいる人はいません」と断言せしめるほどの大読書人にして大文芸評論家。20代でプルーストと源氏物語を戦時中の疎開先の軽井沢で原文で読んでいた人。しかも音楽・美術・哲学・歴史など中村先生が造詣が深いないジャンルというのはまずないのではないでしょうか。例の私が好きになってしまった心理の先生、カール・グスタフ・ユングの研究をしている方なのですが、「先生にとってユングとは?」というある意味根性の悪い私の質問に「この人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/18 15:34
私の病気が治ったら今度は。
9日にパソが壊れました。修理に出し、今日やっと治りました。でもやらねばならないことが沢山あります。目るアドも変えなきゃならないし…しんどいですね。生きるのって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/13 19:19

続きを見る

トップへ

月別リンク

コルネリア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる