また真央ちゃん大政翼賛会を観なきゃならんのか…

私は、自分がブログには不向きな人間のような気がして、長い間ブログ更新から遠ざかっていました。この気持ちは今でも消えておりません。起承転結のある文章を書くのが苦手ですし、論理的な文章を書くのが苦手です。トラックバックなんて何のことやらいまだに分らない上にブログ上に画像を挿入することがいまだにできないほどのメカ音痴です。尊敬してやまないさまよえるクラヲタことyokochanさんやShushiさんのブログと比べたら私のブログなんて爆弾が落ちたスラム街以下だものなあ。これ謙遜じゃありませんよ。本心です。さーてそろそろ書きたいことを書きましょうかね。カテジナさんなみに暴れるつもりですよ今日は。2010年2月に私は初めてキチガイ病棟にブチ込まれました。それがトリノ(でしたよね?)の冬季オリンピックの時期と重なったのです。テレビはとにかく浅田真央ちゃん一色でしたね。カギがかかったキチガイ病棟にブチ込まれたものですから、見たくなくても逃げ場がありません。とにかくあたしはスポーツには興味も関心もありません。野球なんかルールも知りません。見ていて楽しいと思うスポーツなんてサッカーぐらいのもんです。自分でできるスポーツは、まあ、人並みにできるスポーツというたら卓球と水泳とスキーぐらいかな。スケートになんか興味も関心もありません。清谷信一さんが書いておりますが、オリンピックで自国の選手がどれほどメダルをとろうと興味も関心ももてない人のことをスポーツ非国民というのだそうです。清谷さんも自他ともに認めるスポーツ非国民です。清谷さんが言うには、彼氏(彼女)がいない、私事も勉強もパッとしない、誰も自分に注目してくれない、カネもない…そういう人たちが安っぽい愛国心を満たすためにオリンピックに熱中するというんですな。自国の選手がメダルをたくさん撮ったということにしかアイデンティティやらレゾーン・デートルやらを見いだせないかわいそうな人たちですよ。2010年に私はキチガイ病棟に3週間ほどブチ込まれましたが、その間、毎日真央ちゃん大政翼賛会を嫌になるほど見せられました。もう死ぬまで彼女の顔は見たくありません。もうトラウマになってますよ。真央ちゃんの顔が。念のため申し上げておきますが、私は真央ちゃんに何の恨みもありません。嫌いなわけでもありません。大いにいい記録を出して日本国民を元気づけてほしいと心から思っています。ただスポーツやスケートには関心がない、それだけです。自国の選手がオリンピックで大記録を出したことにしかアイデンティティやらレーゾン・デートルやらが見いだせない連中や真央ちゃん一人に頼らなきゃ視聴率も稼げない無能なマスコミ関係者が大嫌いなだけです。それこそ火炎放射器かなんかで焼き払ってやりたいぐらい嫌いですな。次の冬季オリンピックではまた真央ちゃん大政翼賛会をたっぷり見せられるんだと思うと今でも憂鬱ですよ。それと前から不思議に思っていたのですが、NHKの人気番組プロジェクトXやドラマ坂の上の雲に「軍国ドラマ」だの「大政翼賛会作品」だのとイチャモンをつける人たちはどうして真央ちゃん大政翼賛会には何にも言わないんですかね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック